『平成』誌71号発行



   同人誌『平成』71号春発刊



今年で発刊29年目を迎えた在米日本人のための同人誌『平成』71号(春)が発行された。「常時テーマ」の「アメリカと私」には、サンデイエゴ近くのビスタ在住の新同人、山下恵美子さんが、嫁ぎ先のアメリカの姉宅に遊びのつもりで渡米してから定住に至った日本での青春時代を回顧している。



「特集テーマ」の「失敗」には、戦中の女学生時代の青春の思い出の失敗に始まり、歯磨きチューブを軟膏と間違えて体中に塗った話、国際空港での手荷物に関する失敗、故障保険を買ったゆえに起きた失敗、忘れ物の失敗、戦争という大失敗、車のバッテリーにまつわる失態、失敗ゆえに未来の夫と出会えた帰省途中の列車での出来事、日常のありふれた失敗の数々、おっちょこちょいからくる失敗、ワインのほろ酔いによる失態、お節介な親切を受けた失敗、自動車教習所での勘違いによる失敗、シラミ騒動、懲りないスピード違反の数々などの「しまった談」がずらりと並んでいる。



「話の広場」にはアメリカのおける日本の春の伝統行事のいろいろ、邦人新聞の歴史変遷、親愛だった姪への鎮魂エッセイ、家族に支えられたアメリカでの半生、病みつきになったアメリカ式麻雀、3歳児がこわいもの、新同人、岩田春子さんの映画『沈黙』を見ての感想、70号記念の集いに参加しての感謝、新同人、川平幸さんの難民救済法による鹿児島県人のアメリカ移住の歴史、女学校時代の汽車通学の思い出、子供向けの生花イベント、虚子の掛軸にまつわる話、リューマチと卓球の繋がり、看護師養成講座を担当しての思い、幸せな老後の日々、夫が逝って後の家族騒動、亡き親友への哀悼エッセイ、太宰治と住んだ家の探訪記などの多種多様の作品が掲載されている。



「旅行記」には、夫が昔仕事をしていたポルトガルを夫婦で訪ねる話、「シリーズ作品」には、生まれ育った福井での学生時代の青春の日々、日本での介護レポート、アメリカで出会った心に残る人への手紙が掲載されている。「連載小説」には或る男の人生を描いた作品がスタートしている。その他、詩歌、短歌、俳句、写真など、総勢44名の参加で96頁にわたり読み応えのある作品が満載されている。



希望者は郵送費を含む12ドルの小切手を同封の上、次の住所まで申し込みのこと。また


作品参加希望者も同じ住所に問い合わせのこと。


Heisei-Sha


179 Kelton Ave.


San Carlos, CA 94070


TEL:(650)593-3610 


E-mail:izumida@pacbell.net


Http://sancarlos.exblog.jp/


















[PR]
# by bungei-heisei | 2017-04-18 07:20

在米日本人のための同人文芸誌です
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31